個人発明の特許相談室「発明応援館」

全ての個人発明家のために

「コラム」の記事一覧

超最短で特許を取る方法! 早期審査を利用しよう。

超最短で特許を取る方法! 早く特許を取りたい場合のテクニックを教えます。 特許を取得するためには、まずは「特許出願(申請)」しなければなりません。 特許出願をするには、「願書」に、発明を記載した「明細書」や「図面」を添付 […]

特許を売りたい? アイデアを売りたい? 特許の売り込み方に決まりはありませんが、だいたいはこんな感じです。

特許を売りたい? アイデアを売りたい? 特許の売り込み方に決まりはありませんが、だいたいはこんな感じです。 いちばん大事なのは、あなたの行動力 発明の商品化、特許の売り込みで最も重要なことは、本人がどれだけ積極的に動くか […]

「公知」ってどういうこと?

「公知」ってどういうこと? 公然知られていることを「公知」と言います。 公知とは、不特定の者に秘密でないものとして、その内容が知られることをいいます。 特許出願前に公知の発明、つまり公然と知られた発明については、「新規性 […]

Q:「特許出願して公開されました。やはり公開を止めたいのですが、できますか?」

一旦公開された特許出願は、永遠に公開されっぱなしです。 Q:「特許出願して公開されました。やはり公開を止めたいのですが、できますか?」 A:「いいえ。残念ながら、できません。半永久的に公開され続けます」 良く考えて特許出 […]

特許取得の要件「新規性」、その例外とは? 新規性を失った発明でも特許が認められることがある。

特許取得の要件「新規性」、その例外とは? 新規性を失った発明でも特許が認められることがある 新規性を失った発明は特許を受けることができませんが、一切認めないとするとそれはそれであまりに厳しすぎるので、一定の要件化、新規性 […]

国際出願って何??

国際出願って何?? 「国際出願」って、聞いたことありますでしょうか? PCT出願とも呼ばれます。 外国で権利を取得したい場合に、国際出願をすれば、一つの出願で、各国に出願したのと同様の効果が得られます。多くに国で特許権を […]

技術評価書(ぎじゅつひょうかしょ)って何でしょう?

技術評価書(ぎじゅつひょうかしょ)って何でしょう? 実用新案権は、特許権と異なり、新規性・進歩性等(実体的登録要件)を審査せずに設定されます。 出願から2~4か月で権利が発生します。 したがって、新規性・進歩性などが無い […]

先行技術を調べることのデメリット。

先行技術を調べることのデメリット。 どこの発明や特許の本にも、 「まずは、先行技術を調査しましょう!」と書いてありますよね。  確かに、先行技術と同じ発明はしてもしょうがありません。  特許出願しても費用が無駄になります […]

有名な発明家でも、最初はみんな初心者です。

有名な発明家でも、最初はみんな初心者です。 すごい発明家っていますよね。 だれでも知っているものを発明した人。 みんなに役立つものを発明した人。 そんな人になれるでしょうか? 最初はみんな初心者です。 偉大な発明家も、最 […]

良い発明って、どんな発明?

良い発明って、どんな発明? 多くの発明相談を受けて思うのは、「現場から生まれる発明は筋が良い!」ということです。 発明が生まれるきっかけはいろいろあります。 ふとしたひらめき。 テレビを見ていたときに、ふと。 雑誌を読ん […]

面白い特許「ファッション性もあり装着していることが目立たない入浴着!」

面白い特許「ファッション性もあり装着していることが目立たない入浴着!」 特許第6047369号「入浴着」 <特許公報の図1> <特許公報の図2> <特許公報の図5> ファッション性もあり装着していることが目立たない入浴着 […]

面白い特許「気管切開を行った患者の体液の流路を確保できる介護用涎掛け」

面白い特許「気管切開を行った患者の体液の流路を確保できる介護用涎掛け」 特許第5973050号「涎掛け」 <特許公報の図1> <特許公報の図3> <ざっくり解説>  この発明は、涎掛けに関するものであり、気管切開を行った […]

面白い特許「運動能力が向上する爪先伸縮ソックス」

面白い特許「運動能力が向上する爪先伸縮ソックス」 特許第5961781号「爪先伸縮ソックス」 <特許公報の図1> <特許公報の図2> 運動能力が向上する爪先伸縮ソックス <ざっくり解説>  この発明は、インソール21の爪 […]

面白い特許「道路の側溝の集水蓋の下側に取り付けることで、側溝の集水枡での蚊などの発生を防止できる」

面白い特許「道路の側溝の集水蓋の下側に取り付けることで、側溝の集水枡での蚊などの発生を防止できる」 特許第5827427号「側溝用蚊発生防止排水装置」 <特許公報の図1> <特許公報の図2> 道路の側溝の集水蓋の下側に取 […]

面白い特許「汗による下着の濡れに対応するため紐で首から垂らして汗を吸い取る背あて布」

面白い特許「汗による下着の濡れに対応するため紐で首から垂らして汗を吸い取る背あて布」 特許第5827435号「背あて布」 <特許公報の図1> <特許公報の図2> 汗による下着の濡れに対応するため紐で首から垂らして汗を吸い […]

面白い特許「ショベル板の角度を調節できて使いやすそう」

面白い特許「ショベル板の角度を調節できて使いやすそう」 特許第5283141号「スコップ」 <特許公報の図1> <特許公報の図4> このスコップはショベル板の角度を調節でき、使いやすそうですね。 <ざっくり解説>  この […]

面白い特許「同時に複数のコップを持ち運びできそう」

面白い特許「同時に複数のコップを持ち運びできそう」 特許第2741503号「コップ」 <特許公報の図1> <特許公報の図2> <特許公報の図3> このコップであれば、同時に複数のコップを持ち運びできそうですね。 <ざっく […]

「特許証」は、不動産の権利証みたいなもの? 失くすと大変なの?

「特許証」は、不動産の権利証みたいなもの? 失くすと大変なの? 特許出願して、審査を受け、特許の要件を満たすと認められると、特許査定がなされます。 その後、登録料という費用を特許庁に支払うと1か月ほどで、特許権が成立しま […]

発明、特許の相談。非弁理士に要注意!ネットを探せばいろいろあるのに、相談先は、弁理士でないとだめなの?思わぬ大失敗・・・

相談先は、弁理士である必要があるのか? 「発明をしたので、どこかに相談したいな~」 「特許の相談って、どこに行けば良いのだろう」 「ネットで検索すると、商品化してくれそうで、ホームページが綺麗なところがあるんだけど。そこ […]

筋の良い発明

筋の良い発明 多くの発明相談を受けて思うのは、「現場から生まれる発明は筋が良い!」ということです。 発明が生まれるきっかけはいろいろあります。 ふとしたひらめき。 テレビを見ていたときに、ふと。 雑誌を読んでいたらふと。 […]

真似は悪いことですか?誰が決めたの?

模倣品、偽物、ぱちもん、ばったもん。 知財の世界では「真似は悪いことである」と報道されることが多いです。 真っ先に浮かぶのは、中国の悪質な模倣品や偽物のイメージです。 模倣といえば、オリジナルを踏みにいじる絶対悪という扱 […]

サラリーマン発明家の時代到来?

サラリーマン発明家の時代到来? 一昔前はサラリーマンは安定な職種でした。 サラリーマンは気楽な稼業と言われた時代もありました。 経営者のような責任はないし、基本的に会社から言われたことをこなしていれば年功序列で給与が毎年 […]

あまりにも多すぎる、「発明◯◯」とか「アイデア◯◯」とかのあやしい組織

あまりにも多すぎる、「発明クラブ」とか「発明教室」とかのあやしい組織 個人の発明を応援するとか、販路の開拓に協力しますとか、個人の発明を巧みに集めようとする組織ってありますね。 これって、結構、危ないですよ、という話。 […]

発明が著作権で保護できるなんて、いったいどこの世界の話だ?

発明を特許権じゃなくて著作権で保護できるなんて言う人、詐欺ですね。 発明を特許権じゃなくて著作権で保護できるなんて信じちゃう人って、あまりにも情薄です。 知的財産という言葉は、だいぶ知られてきました。 しかし、結構、勘違 […]

それは、自分の首を自分で締める行為です。勘違いからくる致命的誤解とは

新しくないと特許は取れません! 特許について、かなり多くの人が誤解していることがあります。 特許取得のための重要な要件のひとつです。 この要件を満たさない発明は、どんなに優れたものであっても、特許を取ることはできません。 […]

改めて問う。なぜあなたは発明しなければならないのか?

日本政府は「知的財産立国」の確立に向けて動いています。 いったいなぜ? 日本の食料自給率は、40%くらい。 エネルギー自給率は、15%(原子力を入れて)くらい。 残りの必要な分は、全て外国から買っているのです。 要するに […]

「発明した者の責任」って考えたことありますか?

発明をした者の責任 社会に貢献する良い発明を考えたときに、こういう考え方をする人がいます。 「発明をしたけども、誰にでも自由に使って欲しいから、特許は敢えて取らないよ」 こういう人は、欲の無い、とても高潔な人に思われるか […]

無料相談の落とし穴

無料相談の落とし穴 無料の「発明相談」、「特許相談」って結構あります。 ネットで検索すると、ヒットします。 無料なので利用したくなりますね。 しかしながら、気を付けるべきことがあります。 この気を付けるべきこととは、商売 […]