Q:個人で特許を取って、それで不労所得を得ることって可能なんでしょうか?

Q:個人で特許を取って、それで不労所得を得ることって可能なんでしょうか?
A:簡単ではありませんが、うまくいけばあり得るでしょう。
特許で不労所得を得るということは、特許の使用料でかなり稼ぐということでしょう。
そのような特許は、その技術分野の誰でも使いたくなるような基本技術を抑えた優れた特許でしょうね。
個人の発明家がアップルから3億円ほど損害賠償金を獲得したという事例がありました。
アイポッドのホイール操作の発明でした。
このような事例もあるので、特許で一攫千金という話も無くはないのですが、実際は宝くじにあたるくらいの確率かも知れません。
とはいえ、努力次第で、成功確率をあげることができるので、単なるギャンブルとは違いますね。
通常、特許は取得しただけでは、お金儲けにつながりません。
特許に関わる商品を販売するなどして、発明の価値を世の中に知らしめる必要があります。
特許出願するようなアイデアや技術が生まれたら、ぜひ、事業化に向けて頑張ってみてください。
そして、事業により利益を出しましょう。
それが成功すれば、その事業を買ってくれる人が現れるでしょう。
そうならば、不労所得も夢ではないかも知れません。