特許出願が絶対必要なわけ

 なぜ特許出願が必要なのでしょうか?
 特許は、発明を保護できるほとんど唯一の方法です。
 特許権がなければ、あなたの発明を実施する者に何も文句は言えません。

 

権利というのは弱い者のためにあります。

 強い者に権利は必要ありません。
 あなたは、良い発明をしました。
 その発明を使って商品化をしたいとことです。
 その商品が良ければ真似をしたいという企業が現れるでしょう。
 個人では企業に勝てません。
 権利は自分を守るための唯一の手段となります。

「特許、それとも実用新案? 」を見る